廃車を三重で高く売るための3つのポイント

廃車を三重で高く売るための3つのポイント

自動車税の未納について

自動車税の未納について

自動車を所有していると毎年4月1日時点で誰の名義になっているかでその使用者または所有者のもとへ自動車税の納税義務が課せられます。

 

その自動車税を未納のままでいると、どうなるのか知っていますか?

①延滞金が追徴される。

 

②車検が受けられない。

 

③その車を差し押さえされる。

 

④口座を凍結される。

以上のように①から順にレベルが上がっていきます。

 

 

では、自動車税に関してもう少し詳しく説明しましょう。

 

まず、普通乗用車と軽自動車とでは納税する先が違うのはご存知でしょうか?

 

普通乗用車・・・都道府県の税務署

軽自動車・・・市町村区の役場

 

だからと言って、納税義務にはなんの差もありませんが、上記のように自動車税が未納のままの場合車検を受けることができません。また、車検時に自動車税を納めることもできますが、普通乗用車は陸運局にて納税することができるのに対し、軽自動車は直接、市町村区の役場まで足を運ばなければなりません。また、普通自動車は納税証明書が不要ですが軽自動車は必要です。延滞金に関してはその年の8月31日までに納めればかかりません。

 

その日(8月31日)を境に督促が頻繁に来るようになります。封筒の色も最初は水色やグレーで『納税のお願い』といった文面から黄色やオレンジに変わり『いついつまでに支払ってください』最終的には赤い封筒で『警告 差し押さえします』『口座凍結します』などの文面に変わってきます。

 

 

しかし、このあいだに、税務署へ電話などで話し合いができていればそういった文書はほとんど届きません。何度も督促を無視し、納税する意思がないという悪質な場合のみ車両の差し押さえや口座凍結が実行される極めて稀なケースと言ってもいいでしょう。

 

税務署の納税課の担当と話し合いは気軽にしたほうが良いです。彼らも結局は公務員です。ヤミ金の取り立てのような取り立ては一切しません。仮に電話での督促で執拗に支払いを迫られたら担当を変わってもらいましょう。

 

自動車税は1500ccクラスであれば年間で34500円です。この支払いが難しければ分納といって分割での支払いも対応してくれます。とにかく未納のまま放置することは悪い印象しか与えなく差し押さえや口座凍を早期に実行せざる負えなくなりますので、まずは相談することですね!

 

また税務署や市町村区役場は個人の銀行口座を監視できますので預貯金があるにも関わらず未納のままだとその預貯金口座から強制的に引き落としされることもあります。

 

自動車税を納めてない車を売るには

では、自動車税を納めていない車を売るにはどうすればよいでしょうか?

 

売却先の車屋さんや買取店は車の査定と同時に納税の確認をします。そこで未納の場合、買取を拒否する業者もいますが、大半は査定金額から未納の税金を差し引きで買取る業者が多いのです。

 

しかし、査定金額が0円や税金を下回る場合はやはり先に税金を納めるしかありません。。。

 

いえ、一つだけ方法があります!

 

査定0円、査定金額が自動車税以下場合は買取業者に対し、抹消登録を条件に買取してもらい、支払い義務がある税金は税務署に分納のお願いをすれば先に税金を納める必要はありません。

 

 

その場合、車検が数カ月でも残っていれば、重量税と自賠責保険料も還付対象となりますので結果、その還付金で自動車税を納めたり、おつりができたりと得することも多いのです。査定価格に満足いかない場合は抹消した時の還付金まで計算して売却したほうが良いでしょう。

 

 

納税後に売却する落とし穴

また、車を所有しておきながら使用することなく車検切れのまま放置している車には車検が切れた時点で自動車税は停止されます。逆に自動車税を納税後に売却、廃車した場合、その翌月から3月までの月数分の自動車税は月割にして還付されます。

 

意外と知らない方が多いことなんです。納税後まもなく売却すれば『そういえばこの前、支払った税金はどうなるの?』と気づく方入るでしょうが、税金自体を後払い(昨年度の税金)と勘違いしている方が少なくありません。また、良心的な業者さんであれば聞かずとも説明してくれますが、『え?税金込みの査定金額ですよ』と言い包められ損するケースも多いのです。

 

 

税金は払わないといけないものですが、還付されることを知らない方は意外に多いのです。

 

 

 

三重で廃車を査定に出すとわかりますが、買取業者によってその額は異なります。納得のいかない値段で売ってしまうことのないよう、見積もりは複数の業者から出して貰うようにします。ただし、ネットを利用して手に入れた見積もりと三重で廃車を見て業者が実際に出す査定額とは違ってきますので、その点は用心しておくのがよいでしょう。まれに、ネットの見積額は高く出して、実際に出してきた査定額は相場以下に落ちているという悪い業者も存在します。中古三重で廃車買取業者を利用して三重で廃車を売りたい場合、一つの会社にのみに査定を任せてしまうのがお勧めできない理由はそこではない別の業者を選んで利用していれば三重で廃車にもう少し高い査定額がついていた可能性を否定できないからなのです。ここ近頃はネットを利用してごく簡単にいろんな会社から一括で見積もりを出してもらってざっと比較検討ができます。それなりの手間暇をかけることになったとしても、いろんな業者にそれぞれ査定をして貰うと査定額を増やせるでしょうから最終的に満足できるでしょう。三重で廃車検切れの三重で廃車については査定はどうなるかというとむろん、査定をうけるのに問題はありませんが、しかし三重で廃車検切れの三重で廃車は公道走行不可ですから、どうしても出張査定を利用することになります。三重で廃車検をとおして売却を試みようとするよりかは、三重で廃車検はとおさないまま買い取って貰う方が、三重で廃車検代を考えると相当お得なはずですので、さっくりと出張査定をうけることに決めてしまいましょう。出張査定についても当たり前ですが、複数の業者を使うようにすると手間かも知れませんが得になります。自分の三重で廃車を売りに出すときの手順としては、始めに一括査定をネットなどで申し込みましょう。中古三重で廃車の買取業者からこちらの情報を基にした査定額が表れますので、数ある中から査定の額が高い業者や、信頼のでき沿うな業者をその中から見つけ、三重で廃車を実際にみてもらって査定してもらいます。査定の結果が満足できるものだった場合、契約を行い、三重で廃車を売りましょう。お金はその日ではなく、後日の振り込みが普通は多いです。ネットを利用することで、三重で廃車の査定額の相場を調べられます。中古三重で廃車買取業者の中でも大手のサイトなどで、三重で廃車買取価格の相場が分かるでしょう。相場を調べておくと、相場より安く売って損してしまうこともないので、事前によく確認をして下さい。ただし、三重で廃車の状態によって変動するので、絶対に相場の通りの価格で売る事ができるわけではありません。事故を起こしてしまった三重で廃車でも査定は可能ですが、査定の額は低くなるでしょう。沿うはいっても、事故を起こした三重で廃車ということは隠沿うとしたところで査定する人には隠しきれないので、イメージが悪くなります。事故によるダメージが大きすぎる場合には、事故三重で廃車専門の中古三重で廃車買取業者に査定をお願いすると良いでしょう。こちらの方が良い査定額をつけてもらえることも多いです。三重で廃車を査定に出す時は、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。査定をおこなう時、スタッドレスタイヤはマイナスになるといわれます。使用状態が良い場合はスタッドレスタイヤも三重で廃車と共に買取を行ってもらえる場合も出てきますが、溝がなくなっていると、逆に処分のためにお金を払う必要があるかも知れません。三重で廃車の査定は走行した距離が少ない方がプラスの査定になります。走行距離が長ければ長いほど三重で廃車がダメになっていくためです。とは言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとそれは詐欺ですから、走ったものは諦めましょう。次の三重で廃車からは、売る時のことまで頭に入れておいて無駄な距離を走らない方が良いかも知れませんね。買取業者に三重で廃車の査定を頼みたいのだったら、大変便利に使えるのが一括査定サイトです。でもこれを申し込むことで、買取業者からの営業電話がひんぱんに入るようになりメールの案内持たくさん来ることを知っておきましょう。これを避けたいなら着信拒否機能を活用できるよう申し込みの時に携帯番号だけを入力し、今回限りの捨てアドをメール欄に入れると良いです。それから、ネットではなく実際の三重で廃車の査定の方も業者は複数利用するのが高い査定額に繋がります。三重で廃車を査定に出す時に覚えておきたい幾つかのアドバイスですが、一つの業者だけに査定をたのまず必ずいくつかの業者を使い、三重で廃車内の掃除と洗三重で廃車を行ない、査定に必要な書類は用意しておきます。これも大切なことですが、後の方になってから一悶着起きることのないように、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで申告しておいて下さい。もしも業者の出す査定額が不服ならそこはきっぱりあきらめて不満をためることのないようにします。